海南島 6日間の足跡
    

1 日  時: 2007年11月17日から11月22日

 2 場  所: 海南島 東部→ 中央部→ 南部→ 東部

 3 メンバー:   総合案内 王老師

          運転担当 王先生 (Ford・長安福特 2.5VG)

          留学生  塩島貞男(日本人)

          卡(ウクライナ人)

          清芬(タイ人)     5人

 4 足  跡:

  ① 第1日目 11月17日(星期六)

   8:10        8:50       10:20    

  学院→ (三輪車) 東駅→ (公車) 琼海市

  王先生宅に落着く(王老師未着。1時間待つ)

  12:00  昼食・西紅柿炒鶏卵、米粉、インゲン、豆腐、牛肉、青菜湯等

  14:00                                 15:00

  王先生宅→ (タクシー、35元)→ 博鳌亚洲论坛

   17:00                   20:00

  Sofitel  Boao             Hotel Robby

( 博鳌索菲特大酒店)       (待機)      

  庭、プール、海、芝生、石園、写真 花火の開始を待つ

 20:00~22:10   (夜食海南粉)→  23:20 王先生宅着

  Hainan Island Carnival Of china。

花火見学、Piano演奏,女性数十名による合唱等。

見聞録 ① (2007.11.17)   琼海市

◎ 博鳌圣焰 2007 中国海南島欢乐节(Hainan Island Carnival of

 China) Sofitel Boao。  20:00~22:00  参加・見学

◎ 博鳌亚洲论坛 Boao Foruam for Asia に足跡を印す。

◎ 5つ星ホテル・博鳌索菲特大酒店に客を装って?入る。プールサイドから見る海、博鳌の風景、ブーゲンビリア、ハマユウ、ストレッチャー咲く熱帯の風景はすばらしい。潮風に揺らぐ椰子の葉陰もまた美しい。プール底面の青色、万泉河の水色、紺碧の空、遠くの海の白色など、コントラストがいい。日本人必見!プールサイドには、日傘付き木製横臥台があり、泳いだ後の休息、 空を見上げて黙考、一服出来る。

◎ このホテルで、第?回 Asia Foruam が開かれた。

時の日本の総理大臣は誰だったかな。手元に資料がないので分からない。アジアを指導する人たちが踏んだであろうプールサイドの「小石」1個失敬した。これは私の悪趣味の一つです。

◎ 初日。昼食と夜食の間が長く、腹減り、疲れ、咽喉が渇いた一日だった。

◎ 11月18日附け海南日報 「Hainan Daily」一面に大きく掲載された。有名なピアニストによる演奏だったようだ。花火大会は日本に比し、いまいちだった。

  

② 第2日目 11月18日(星期日)      琼海市

7:30   8:00

起床  散歩  朝外食(肉まん、菜まん、鶏蛋)、同学 韦 卡、吴清芬へ差し入れ(面包、鶏蛋、水)                                                      

10:00       12:00 

散歩 3人→ 万泉河公園、万泉広場  王先生宅でお昼(玉米湯、

肉、野菜、ビーフン、豆腐など)。王老師は両親訪問のため、市内へ。 

15:00   買物、同学2人と中国人女性。ジャンパー、VCD(彩云追月)などを買う。                               

16:50    理髪店(35元。顔と頭のマッサージ60分、髪洗、髪切など30分)。

3ヶ月間の脳細胞を刺激された感じ。快適だった。ママさんが日本人を知っている。日本人を紹介するからとしきりに云 うが、時間がないと断る。

19:30   夜の欢乐节、万泉河広場へ4人。人、人、人。海南島欢乐节のイベント.有歌、少数民族による踊りなど。

21:00   1人帰宅する。王先生宅の扉が閉まっている。困った! 15分待つ。犬が不審者発見。それに王先生が気づいて扉を開けてくれた。普段はおとなしい犬の3匹だが、不審者には役目を果たす。ご立派!

見聞録 ② (2007.11.18)

◎ 琼海市万泉河橋 広場の特設ステージ 有名歌手の出演、少数民族による歌と踊り。20:00~22:30